憧れの海外生活(ブログ)

管理人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノロ

はい。。タイトルの通りノロになったみたいです。。。

先週のはじめに2~3日程、嘔吐と下痢に苦しみました。
でも「ノロじゃない!」と自分に言い聞かせて、仕事と毎晩の忘年会は休まず参加してしまった。。。かなりキツかった~~~
というか自分の問題より、僕の周りにいた人達のほうが心配。。。。

私はもう症状が治ってから大分経つので今は大丈夫だと思います(≧∀≦)

何故ノロと分かったかというと、なんと、その症状が出る数日前に、私がお世話になっている会社の忘年会旅行に参加して大勢で熱海にいってきました。
なんとその熱海で泊まった旅館で私達が泊まっていた時に泊まっていた客の殆どが食中毒症状になって私と同じ症状を訴えていたのです!!

衛星保険局だかなんだかから電話があって、旅館で何を食べたのかとか根掘り葉掘り聞かれた。。。。いちいち覚えてないっつーの!!

後日病院に行ったときは風邪と診断されたけど、その診療費とか全部払ってくれるらしいからちょっとラッキー!

とりあえず流行に乗れてチョイノロを経験できたという事で良いとしよう。

ロハス(LOHAS)な暮らし -NATULA-
憧れの海外生活 - 管理人の運営するサイト
人気blogランキングへ
ブログランキング - 投票お願いします
スポンサーサイト

何故日本人は余裕が無い?!5(マイカーが欲しい)

日本でマイカーを持つとガス代、駐車場代、税金、高速料金等の維持費・諸経費が異常に高くつく。
車検も高い。車の簡単な整備すら出来ないドライバーだらけの国は日本くらいではないか?と言いたいくらい車の事を知らないドライバーだらけ。整備工場や国に金を払う為に車に乗っているみたい。

高速道路も公道であり、国のインフラなんだから無料にするべき。というより無料になるはずだったのに、いつの間にか道路公団の民営化とかそんな動きになっている。。。
通信事業も新規事業の参入障壁が高く、未だにNTTは高額の通話料を取っている。それに比べて競争の激しいインターネット(ブロードバンド)は使い放題で安くなっている。

大前研一は自動車に対して「プレート課税」というのを提唱している。
高速料金等を無料にして自動車一台に対して年間1万円の課税をするだけだという。確かにもし日本に5000万台の車があったとしたら、それだけで年間5000億もの税収になる。それに庶民も車を買いやすくなる。
高速道路の維持を国が行う事として、国民が税金の使われ方をチェックするようにすれば、高速道路の新設、修繕、維持費用を国民に開示させるようにする。そうすれば天下り先も無くなり、談合も無くなるはず?!


ロハス(LOHAS)な暮らし -NATULA-
憧れの海外生活 - 管理人の運営するサイト
人気blogランキングへ
ブログランキング - 投票お願いします

何故日本人は余裕が無い?!4(広い家に住みたい)

前回、海外の土地で農業をやったほうが良い事を述べた。海外で農業をやれば、生産緑地として保護されていた農地が解放されて、地価が急激に下がり、日本の都市近郊でも格安で土地と家が持てるようになる。

日本の建築基準法もおかしい。規制が多すぎて建材や住宅設備は2~3社の大手が市場を占めていて実質的な独占状態。海外の安くて良い住宅が入ってこれない。

姉歯建築士の耐震偽装等で日本の建築基準法がどれだけ無意味かというのは既に国民は分かったはず。建築物も国際基準を満たしていれば日本でもOKで良いのではないか??
医薬品なども世界では相互認証が進んでいて、国際基準で認められたら他国でOKの薬は自国でもOKにする動きが大分進んでいるらしい。
医薬品や医療の分野でも日本は認証が遅く、かなり遅れをとっているのが現状。
BSE問題も騒いでいるのは日本だけ。しかも実際はBSEにかかっていた牛の数はアメリカ牛より日本国内の牛の方が多かったらしい。それなのにアメリカ牛はダメだって大騒ぎしていた。

もっと市場を開放すれば日本でも安くて広い家に住めるはず!!!

ロハス(LOHAS)な暮らし -NATULA-
憧れの海外生活 - 管理人の運営するサイト
人気blogランキングへ
ブログランキング - 投票お願いします

何故日本人は余裕が無い?!3(生活者に目を向けろ)

ブランド志向からも分かるように、日本は閉鎖的で排他的である。
第一次産業と政・官への補助が大きすぎる。

一般企業だったら、生産性が無ければ潰れる。リストラも行われる。しかし国はリストラされた人に特別補助金を出したりはしない。
ではなぜ農業、水産業等は生産性が乏しいのに潰れずに国に助けられているのか??農水省の補助金や収入補償により農家は潰れないのはおかしくないだろうか??

日本の農業等は生産性が悪く国際的に見ても物凄い高額である。
しかし国は農家を守る為、海外からの農産品に700%もの異常なまでの関税をかけている。海外からの安い食料が入れば庶民の生活の質は上がるはずである。

日本は農業補助金に既に40兆円近く投入している。その他農業基盤整備という名のもと、75兆円近くの補助金が使われている。そのお金があれば、世界の大手穀物メジャー等を全社買収してもおつりが来るらしい。世界の広大な農地を買収する事もできる。

それなら何故海外に農地を買って、同じ物を海外で安く作ろうとしないのか?多額の資金を投じて高い農作物を流通させて庶民を苦しめているだけ!

ロハス(LOHAS)な暮らし -NATULA-
憧れの海外生活 - 管理人の運営するサイト
人気blogランキングへ
ブログランキング - 投票お願いします

何故日本人は余裕が無い?!2(ブランド志向)

日本の主婦を集めて行ったアンケートがある。
国産、アメリカ産、オーストラリア産等5種類の牛肉をステーキやすき焼き等様々な調理をして主婦に食べてもらった。もちろんどれがどの肉かは伏せてのアンケート。
すると圧倒的人気があったのはオーストラリアの穀物を餌として育った牛だったらしい。
ところが実はそれはオジービーフだという事を伝えると、「どうりで臭みがあると思った!」と皆口を揃えて批判を始めたらしい。。。。

上記からも分かるように、日本人は世界にも珍しい程のブランド志向の国民性をもっている。
自分が食べてみて、自分が使ってみて「良い」と思ったものを信じない。

日本で流行っている霜降り牛は他国では「脂肪の含有量が多すぎて健康被害がある」とされていて販売禁止になっていたりする。その為他の国では太り過ぎたり、食肉として丁度良い年齢を過ぎてしまって売り物にならない脂身の多すぎる牛の肉を日本に高額で売っている。

確かにアメリカ等では脂身の少ない肉の方が高い。その為健康でいるには金がかかるし、そういう環境にいると、脂身の少ない肉の方が貴重で良い物に思えてくる。

日本以外の国が豊かである一つの理由は自分が「良い」と思った物を買っている事だと思う。「国産」にこだわる事はない。質が良くて安い物があればそれがどこ産でも良いはずだ。
実際日本のスーパーに並んでいる「国産」表記の食材の殆どは外国産で一度日本に輸入してから加工等をして出荷している為「国産」と表示されているだけで、本当の国産は少ない。

電化製品等でも同じである。韓国産等で安い製品でも十分良い物はある。

もう既にインターネットを使って、海外の安くて良い物を買っている人が増えてきている。
収入が変わらなくても、意識を変える事で、生活の質はアッパークラスに上げる事は十分可能である!!


ロハス(LOHAS)な暮らし -NATULA-
憧れの海外生活 - 管理人の運営するサイト
人気blogランキングへ
ブログランキング - 投票お願いします

何故日本人は余裕が無い?!

海外留学をして日本に帰ってきて、日本で働き始めてからずっと疑問に思っていたことがある。

日本は豊かな国のはずなのに、なんで実際の生活は海外諸国よりも豊かではないのだろうか?電車に乗るサラリーマンは皆疲れきっている。
年間の祝祭日の日数は他の国よりも多いのに、実際に日本人が休んでいる日数は他の国より少ないのもおかしい。そんなに働いてこんなに稼いでいるのに何故バケーションを楽しむ余裕が無いのだろうか?

ゆとり教育も然り。他の国ではこなせている週休2日のスケジュールで何故学力が下がっているのか??学力というよりやる気(モチベーション)が下がっているんだと思う。

そんな疑問の答えが良くわからなかったが、今更ながら大前研一の本を読んで目からうろこだった。この人の本を読んでいる限りでは何故大前研一が昔、青島幸男に破れて都知事選に落ちたのか分からない。

ホリエモンが選挙に出た時にも強く思ったけど、お金と社会の流れをよくわかっているビジネス経験者を政治に入れるべきだと思う(ホリエモンや大前研一が適任かどうかは別として。。)

現在、日本人の殆どは年収300~600万円の「中流の下(ロウアーミドル)」といわれる層に当たる。一昔前はサラリーマンをしていれば年功序列で殆どの人は定年前に「中流の上(アッパーミドル)」にはなれたが今は昇給・昇格の保証は無く、サラリーマンの給料は減っている。
一部の物凄い金持ち以外、人口の80%近くは年収600万円以下という二極化が進んでいる。

給料が少ないから日本人は余裕が無いのだろうか?
年収300~600万円という年収は世界で見ると上流クラスの年収に当たる。世界の国殆どでこの年収で物凄く優雅に暮らせる。

では何が問題なのだろうか?

※これ以降このブログで書く事は大前研一の受け売りです。。。

ロハス(LOHAS)な暮らし -NATULA-
憧れの海外生活 - 管理人の運営するサイト
人気blogランキングへ
ブログランキング - 投票お願いします

早生れは損?!

早生れは損?得?

1~3月に生まれる、いわゆる「早生まれ」。幼少期においては体格・体力や学力などにおける同学年児との差が指摘されている。

3月生まれの人は4月生まれの同級生と比べると約1年も年齢差がある為、子供の頃はどうしても体力だけでなく学力にも差が出てしまう事が多いらしい。学校では同級生という一つの枠組みで一緒に活動している為、「自分は他の同級生より劣っている」と思い込んでしまう子供が沢山いるらしい。
更には「うちの子供は他の子供より劣っている」と勘違いしてしまう親も少なくない。

その勘違いが顕著に表れていて面白いのは、実際にJリーグで活躍するサッカー選手を見てみると4~8月生まれの人達が大半を占めている。

私自身1月生まれだがそんなに劣等感を感じた経験は無いし、逆に今ではちょっとでも若くいれる事のほうが得した気分になれる。
しかし現実には早生まれの為損していると感じている人は多数いるという結果が出ているみたい。

自分の誕生日で損得を感じた人はいますか?

ロハス(LOHAS)な暮らし -NATULA-
憧れの海外生活 - 管理人の運営するサイト
人気blogランキングへ
ブログランキング - 投票お願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。