憧れの海外生活(ブログ)

管理人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KONISHIKI、70キロ減!3カ月ダイエット成功!

巨象のような体がトレードマークのKONISHIKI。減量方法もまた、ダイナミックだった。今年2月25日に胃の縮小手術を受けてから、3カ月で体重を減らすこと70キロ。日本の成人男性の平均体重がおよそ65キロといわれる中、なんと1人分の体重を減らしてみせたのだ。

 昭和57年6月20日、初めて東京・羽田空港に降り立った18歳のサレバ・アティサノエ(米国名)は、175キロの少年だった。小錦として土俵に上がった現役時代は19歳11カ月で200キロ超え、そこから1年間で10キロずつ増量。一時期は220キロまで減量に成功したが、平成7年には大相撲最重量記録の284キロをマークした。さらに引退後、テレビへの露出とともに300キロ台へ突入した。

 タレントに転身して10年目を迎えた一昨年末、芸能活動を休止状態にして故郷のハワイ・オアフ島に移住。「心と体の休養をとるのが目的」と体調管理を理由に挙げていたが、体重が“大台”を超え、ついに究極の決断を下した。地元の病院で受けたのは、胃の入り口を狭めるガストリックバイパス手術。肥満の“元凶”ともいえる胃に直接、メスを入れる荒業だ。

 術後の節制によって、230キロとスリムになったKONISHIKI。30日の来日で、その体が日本初公開される。来月1日にはFMヨコハマ「KONY ISLAND」に生出演。ハワイ移住後も現地と日本のスタジオを電話回線でつなぎ、レギュラー出演を続けてきた同番組でスリムになった“第一声”を伝える。(Yahooニュース)

安心・安全の有機食材で健康ダイエット
http://www.delivery-organic.com/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。