憧れの海外生活(ブログ)

管理人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多量のビールは膵癌(がん)の発症を早める

多量の喫煙や飲酒、特にビールは膵癌(がん)の発症を早める可能性のあることが、米サンディエゴで開催された米国消化器病週間会議(DDW2008)で発表された。

今回の研究で、米ミシガン大学医学部(アナーバー)助教授のMichelle A. Anderson博士らは、多施設国際患者登録システムである「膵癌研究レジストリ(Pancreatic Cancer Collaborative Registry)」に登録された患者453人を対象に、飲酒または喫煙の有無、飲酒する場合にはその量と種類を調べた。被験者は男女ほぼ同数であった。

その結果、喫煙者では膵臓疾患が若齢で発現しやすく、喫煙量が多いほど発症年齢が低かった。膵癌の平均発症年齢は70~80歳であるが、1日1箱を40年以上または1日2箱を20年以上吸うヘビースモーカーが膵癌を発症する年齢は、非喫煙者より平均7歳低かった。飲酒者では、1日3杯以上の飲酒をするヘビードリンカーは飲まない人より10歳低かった。

ビール、ワイン、蒸留酒を比べると、ビールによる膵癌の発症年齢の低下が最も大きかった。ただし、ビール飲酒者と非ビール飲酒者を比べた場合には有意差がみられたものの、他の変数を調整後は、その差はみられなくなったという。喫煙は、膵癌の既知の危険因子(リスクファクター)であるが、Anderson氏は、大量のアルコール摂取は慢性的な炎症性変化をもたらし、これも癌に関連すると述べている。なお、慢性的な喫煙と飲酒両方がある場合でも、膵臓のリスクに及ぼす影響は、いずれか単独の場合より大きくはなかったという。

米国癌協会(ACS)によれば、米国で今年(2008年)、約3万8,000人が膵癌と診断され、約3万4,000人が死亡すると予測されている。膵癌は初期に無症状であるため、進行してから検出されることが多く、治療効果はおもわしくない。ステージIで検出されたとしても見通しは暗く、5年生存率は33%程度である。

膵癌の早期発見は、特に家族歴があるなど、高リスクの人で重要と考えられる。早期検出方法については多数の研究が行われており、血液検査での腫瘍マーカー検出と超音波内視鏡検査を併用する、診察時に超音波検査を行う、超音波内視鏡検査と内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)を併用する、ことなどが有用という研究結果も示されている。 (Yahooヘルスケア)

健康食品、医薬品などのサンプルモニター募集↓↓
http://www.chiken-navi.net/

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。