憧れの海外生活(ブログ)

管理人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクドナルドのコーヒーはおかわり自由?!

マクドナルドってコーヒーおかわり無料なの知っていましたか?

マックのコーヒーSサイズは120円くらいしますが、飲み終わったカップを持っていけばおかわりを注いでもらえるんです!


Sサイズ頼めばかなりお得
スポンサーサイト

有酸素運動

健康のために運動が大切といっても、むやみに体を動かせば良いというものでもありません。まず運動には2つの種類があることを理解しましょう。
それがよく聞く「無酸素運動」と「有酸素運動」です。「無酸素運動」は主に筋肉中のグリコーゲンをエネルギーとして使い、反応に酸素を必要としないので「無酸素運動」と呼ばれます。ダンベル運動などに代表されるこの運動は、脂肪分解よりも筋肉形成に効果的。筋力が衰えやすい脚部や上腕部の補強に向いています。

 一方の「有酸素運動」のエネルギー源は脂肪や炭水化物。これらは、分解される際に酸素が必要とされるので、「有酸素運動」。息の上がらない程度に体を動かすことで、肺や心臓などの呼吸循環系機能が高まり、長時間にわたって筋肉に酸素が供給されるので全身の持久力が増すなどの効果も期待されます。また、エネルギー消費量も大きく、血中や体内の脂肪が分解されるのも「有酸素運動」の大きな特徴です。


簡単にできるのはこんな運動

 では、どんな運動が有酸素運動と言えるのでしょうか? 代表的なのはジョギング。息が上がらない程度のスピードで30分走れば、体内の脂肪燃焼につながります。ただし、注意点も。まず走り出す前に準備運動を忘れないこと。特に寒い季節は筋肉が固くなっているので、突然の運動は肉離れの原因になります。それと膝を痛めている人はアスファルトによる負担が大きいので、ジョギングはしない方がよいでしょう。

 そんな方におすすめなのは自転車。およそ20キロのスピードで走れば、十分な有酸素運動を行うことができます。ちょっと遠くの公園やお店へ出かければ、楽しみながら運動を行うことが可能です。
他には、水泳やウォーキングもおすすめですが、プールは気軽に利用できる施設を見つけるのが大変ですし、ウォーキングはきちんとしたフォームで歩くのはなかなか難しいものです。ウォーキングを楽しみたい人は、解説書等できちんとした歩き方を身に付けた方が効果が上がります。


【http://www.ki-ra-ra.jp/kojin/krd1-b5.php】

イチゴの食べ方

イチゴの美味しい食べ方の知恵袋です。


もしイチゴを二口以上で食べる場合はヘタの方から食べたほうがよりおいしく食べられます。

理由はヘタのほうがすっぱいのですっぱいほうから甘いほうに向かって食べたほうがより甘く感じるからです。最初に下の方から食べると甘いところからすっぱいところを食べるのでヘタの部分がすっぱく感じてしまいます。


次に美味しいイチゴの見分け方の知恵袋です。

イチゴの実全体がつやのある赤色でツブツブが立っているものがよりおいしいイチゴです。また、ヘタがみずみずしいものを選んでください。

また、イチゴはとてもデリケートで痛みやすくのでなるべく買ったその日に食べたほうがよいです。私のうちでも2-3日買ってきておいたイチゴは傷み始めていることが多いです。


【http://tiebukurourawaza.livedoor.biz/archives/cat_50031989.html】

ブルーベリーの効果

パソコンやテレビの画面を長時間見続けていて、目がかすんでくることはありませんか?そんなとき、目を癒して視力を回復させてくれるのがブルーベリーです。即効性があるブルーベリーの疲れ目改善効果、ぜひお試しを。

現代人は目を酷使している

 パソコンやテレビの画面を眺めたり、ゲームをしたり、新聞、本、雑誌などを読んだり……現代人は目を非常に酷使する環境で生活しています。
 目を使いすぎて疲れると、ものがかすんで見えたり、目がチカチカすることがあります。このようなとき、目の中ではどのような現象が起きているのでしょうか。
 人間がものを見るときは、目に入った光の像を信号に変えて脳に伝える必要があります。その役割を担っているのが、網膜にあるロドプシンという物質です。ロドプシンは光を受けると分解し、また瞬時に再生されます。しかし目を酷使し続けると、ロドプシンの再生機能がおとろえます。これが疲れ目やかすみ目の原因となります。
 このロドプシンの再生機能をアップさせる働きがあるのが、ブルーベリーに含まれるアントシアニンという青紫色の色素です。アントシアニンは疲れ目や夜盲症、網膜炎などにすぐれた効果があると言われています。


食べて4時間くらいで効果が出る

 ブルーベリーの疲れ目改善効果は、生の果実で40~80グラム、ジャムだと40グラムくらいで現れます。効果はブルーベリーを食べて3~4時間後くらいから現れはじめ、約24時間続きます。つまり朝、ブルーベリージャムをパンに塗って食べたり、ブルーベリーソースをヨーグルトに入れて食べたりすれば、職場で目が疲れはじめるころにちょうど効果が現れはじめるというわけです。
 ブルーベリーは疲れ目の解消だけでなく、眼精疲労による肩こりや腰のこり、頭重感、イライラなども軽減するというデータがあります。ただし、近視や遠視、乱視など慢性的な視力の低下にはあまり効果がないといわれています。疲れ目が慢性的な視力低下に進行する前に、適度に目を休ませて目の健康を守りましょう。


【http://www.ki-ra-ra.jp/kojin/krd3-a1.php】

宮城限定 焼き牡蠣風ドロップス!

こんなん見つけました↓↓

缶

試しにひとつ食べてみましたが、ほんのり香る牡蠣の香りに耐えられず1分と持たずに口から出してしまいました。。。

興味のある方は一度是非お試しください・・・

玄米の栄養


 昔も今も日本の食卓を飾ってきたご飯。寒さの厳しい季節にも、暖かいおかずのお供に欠かせない食卓の主役です。そんなご飯の中でも、近年注目を集めているのが「玄米」。玄米=体に良い、とは言われるものの、どこがどう良いのか? デメリットはないのか? ちょっと探ってみましょう。

ぬか層に含まれる栄養素

 お米の構造を見てみましょう。お米は「胚乳」「胚芽」「ぬか層」からできています。日頃、私たちがよく口にする白いご飯は「胚乳」の部分。それに「胚芽」がついたままのものが胚芽米。玄米は、ぬか層までついたもののことを言います。玄米が体に良いと言われるのは「胚芽」にビタミンB1が多く含まれ、「ぬか層」に鉄分やカルシウム、食物繊維、ビタミンEが豊富に含まれているから。日頃、野菜を食べる機会が減少した私たち現代人は、つねにこうした栄養素が不足しがちです。これをほとんど毎日、食卓の上にのるご飯から摂ることができれば、手軽で効率的に栄養補給することができるのです。



一工夫で簡単炊飯

 玄米を敬遠する人には、大きく二つの理由があります。一つは、独特の風味が苦手だという人。もう一つは、炊くのが大変そうだという人。でもこの二つは、ちょっとした工夫で解決できるのです。
 玄米を一般家庭の炊飯器で炊くのに大切なことは、お米を一晩水につけておくのを忘れないことです。この際に、1合あたり1グラムの塩を入れておくと、玄米から出る苦みやえぐみを中和し、独特の風味を軽減できます。一晩水につけたら、炊飯器へ。水加減は半目盛り分だけ、白米の時よりも多めに入れてください。あとはいつも通りで大丈夫。これだけの手間で、栄養豊富な玄米をおいしくいただくことができるのです。

【http://www.ki-ra-ra.jp/kojin/krd3-b1.php】

水を飲む重要性

私たち人間の体には意外にも多くの水が含まれており、成人では全身の約60%が水分であるといわれています。体重60kgの人はそのうちの約36kgが水分ということです。健康な体作りには、正しい水分補給が欠かせません。

1日に2500mlの水分が失われている

 血液や細胞液、涙や鼻水、消化液など、体のあらゆるところに存在している水。私たちはふだん意識しないで水を飲んでいますが、体内に水分が足りなくなるとどうなるのでしょうか。
 まず、血液中の水分が減り、血がドロドロになって血栓ができやすくなります。また体内の水分不足が進むと細胞の中の水分も減少し、代謝が悪くなり、だるさや疲労感、食欲不振なども起こってきます。水分不足が慢性化すると、便に含まれる水分が減って便秘になることもあります。
 成人が1日に排泄する水の量は、尿や便で約1500ml、呼吸や汗で約1000mlの合計2500mlになるといわれています。一方、摂取する水の量は食物に含まれる700ml、代謝水(エネルギーが燃焼するときに出る水)で300mlですから、残りの1500mlは飲料水として飲まなければいけません。


少しずつ飲むのがコツ

 1500mlというと、大きなペットボトル1本分。一度にはなかなか飲めませんが、何回かに分ければ無理な量ではありません。朝起きてコップ1杯、出かける前に1杯、職場に着いて1杯、昼食後に1杯…と、生活の流れが一区切りつくたびに飲むようにすれば、1500mlは飲めてしまうでしょう。
 注意したいのは、水の代わりに清涼飲料水やジュースを飲みすぎないこと。糖分の摂りすぎは肥満の原因となり、またビタミン・ミネラルの不足を招きます。
 それから、食事の前後には水をたくさん飲まないこともポイント。胃液が薄まって消化が悪くなってしまいます。食事中や前後には、軽く100~150mlくらいにしておきましょう。
 スポーツなどで汗をかいたり、空気が乾燥しているところに長時間いたりする場合は、さらに小まめに水分を補給しましょう。のどが渇いたと感じるときには、すでに体の中では水分が足りなくなっています。目安のひとつですが、わきの下が乾いているときには水分不足の可能性があります。早め早めの水分補給を心がけましょう。


【http://www.ki-ra-ra.jp/kojin/krd1-b4.php】

うがいにはお茶が効果的?!

うがいでウイルス撃退

 インフルエンザや風邪などの感染症は、主にウイルスが鼻やノドの粘膜に付着して体内に侵入することで発症します。それを防ぐためには、帰宅時に“手洗い”や“うがい”をして、外から連れ帰ってきてしまったウイルスを洗い流してやることが大切なのです。皆さん、幼い頃に「ちゃんと、うがいをしなさい!!」なんて怒られた記憶があるのではないでしょうか? 手洗い・うがいは昔も今も、効果が期待できる予防法!
 帰宅時や就寝前のうがいは、ウイルスを洗い流すことはもちろん、ノドの潤いを保ちやすく(乾燥していると、より感染しやすくなります)して、インフルエンザの魔の手から私たちを守ってくれるのです。



【http://www.ki-ra-ra.jp/kojin/krd1-b6.php】

自覚がないのに不眠症かも!?

誰でも一度は「寝つきが悪い」「夜中に何度も目が覚めてしまう」などの経験をしたことがあるのではないでしょうか。日中、元気に活動するためには快適な眠りが欠かせません。ところが、意外にも多くの人が睡眠についての問題を抱えているのです。

不眠は心身に悪影響を及ぼす

 厚生労働省の保健福祉動向調査(平成12年)によると、日本人の5人に1人以上の人が不眠に悩んでいることがわかりました。ただし、「眠れない=不眠症」というわけではありません。不眠症の定義は、不眠の訴えが少なくとも週3回以上あり、しかも1ヵ月以上持続するものとされています。このような場合は病院を受診し、適切な治療を受けたほうがよいでしょう。
 不眠症とまではいかなくても、睡眠に満足していない人は多いものです。調査では約4人に1人が「熟睡感がない」と感じ、約5人に1人が「朝早く目が覚めてしまう」と訴えています。
 満足な眠りが得られないと、目覚めがすっきりしないというだけではなく、心身にさまざまな影響が出てくることがあります。まず睡眠中に十分なエネルギーを蓄えられないため、体力が低下します。また、自律神経・ホルモン調整が乱れて免疫力が低下することもあります。精神面でも気持ちが落ち込んだり、やる気がなくなったり、食欲が落ちたりする場合がありますし、注意力が低下して思わぬミスや事故を引き起こすこともあります。


上手にストレスを解消しよう

 不眠の原因としてストレスや精神的な疲労があります。確かに悩みごとなどがあると、寝つきが悪くなったり眠りが浅くなったりするものです。友だちにグチを聞いてもらう、あるいはストレスを発散できる趣味を見つけるなどして、気分転換を図りましょう。運動不足の人は、日中、少しでも体を動かすと眠りやすくなることもあるようです。
 さらに、就寝前にぬるめのお湯にゆっくり浸かって心身の疲れをその日のうちにとるようにしたり、室温や湿度、明かりなどの調節、自分に合った枕や布団など、安眠のための環境づくりも必要です。
 それでも眠りにくい場合は、一度、医師に相談しましょう。
 眠れないからといって寝酒をする方がいますが、これは逆効果。アルコールを飲むと眠りが浅くなるため、寝つきはよくなるものの途中で目覚めやすくなってしまいます。
 健やかな睡眠は日中のパワーの源。自分に最適な方法を見つけて、質の良い睡眠をとりましょう。



【http://www.ki-ra-ra.jp/kojin/krd1-n6.php】

高血圧の方にオススメ

高血圧の患者さん、とくに太った方は減量が必要です。体重を落とせばそれに伴って血圧が低下することもあります。また、運動による降圧の効果も確認されており、適度な運動は効果的です。日頃から適度な運動を心がけ、健康維持につとめましょう。
 食事の面では、塩分の摂り過ぎ、野菜・果物など食物繊維の摂取不足、動物性脂肪の摂取過剰などに気をつけましょう。特に、日本人の食生活は塩分が多いといわれていますので注意が必要です。塩そのものだけではなく、しょう油にも塩分が含まれていますので、食事の際はゆずやレモン、あるいはポン酢などで代用すると減塩効果があります。
 日常生活の面では、便秘、ストレス、睡眠不足などによる不規則な生活、熱いお湯への入浴などに注意しましょう。


アルコールとタバコのリスク

 お酒の飲み過ぎが続くことは高血圧症の悪化を招くだけではなく、動脈硬化などを引き起こすので、健康な生活を目指す上では大きなマイナスです。しかし、適度なアルコール摂取は善玉コレステロールを増やすので、心筋梗塞などの血管の病気を予防するのにも役立つと考えられています。大切なのは、きちんと適量を守ること。適量のアルコールは、日本酒では1合、焼酎では1/2合、ビール・発泡酒では600~700ml程度だと考えられていますので、毎日、これ以上お酒を飲んでいる方は、量を減らす努力をしましょう。
 タバコも高血圧症にとっては、マイナス材料となってしまいます。一説には、喫煙習慣をもつ高血圧患者さんの脳卒中発症リスクは、非喫煙者で高血圧をもたない方に比べて10~20倍あるともいわれています。タバコは血管の収縮作用、血液をドロドロにする要素の増加、善玉コレステロールの減少と、血管に対して良くないことが多いと報告されています。高血圧症の方はなるべくタバコを止めるようにしましょう。



【http://www.ki-ra-ra.jp/kojin/krd1-a3.php】

肩こり解消法

締めつけられるように肩が痛くて、ツライ。昔はお年寄りの代名詞と思われていた肩こりも最近では老若男女を問わず、あらゆる人を悩ませているようです。欧米人に比べ、我々日本人に特に多いと言われる国民病。手軽な解決法はないものでしょうか?

簡単ストレッチ

 肩こり解消にまず心がけたいのが、簡単なストレッチ。肩こりの原因の一つは肩や首の筋肉が縮こまって、血行が悪くなっているからです。細く曲がりくねった小道を思い浮かべてみてください。そこに人が殺到すれば流れが滞ってしまいますが、道を真っ直ぐにすれば人通りもスムーズになります。同様に、筋肉を伸ばしてあげれば、血液の流れが改善され肩こりの解消も期待できます。方法は簡単。首を傾け、手で軽く押さえつけましょう。首の筋が伸びていることをイメージしながらじっくりと20~30秒。片側が終われば、反対側も同様に行ってください。これを毎日、続けることで肩こりがラクになるかもしれません。


冷やして治す?

 肩こりがひどいときには、温めている方が多いのではないでしょうか? たしかに温シップや入浴によって肩を温めると血行が良くなりコリの解消が期待できます。しかし、スポーツ界では筋肉のコリをほぐすのには正反対の「冷やす」方法を用いています。
 凝った筋肉(今回は肩)を急激に冷やすと、まず冷たさで痛みの感覚がマヒします。次いで、冷やされたことへの体の反射として皮膚温が上昇し、血流量が増加。筋肉がほぐれます。さらに痛みの素になる成分の発生を抑えたり、むくみを解消して血流を良くする効果も期待できるのです。方法は氷をビニール袋に入れて薄手のタオルなどにくるんで10~20分ほど痛みのひどい部分にあてるだけ。特に痛い場所にだけあてるのがポイントです。熱冷まし用の冷却シートは冷えすぎる恐れがあるので、氷を使うと良いですね。





【http://www.ki-ra-ra.jp/kojin/krd1-a1.php】

日焼けにはビタミンC

日射しの強い季節となると、気になるのが紫外線。紫外線による皮膚のダメージは、日焼けだけではなく、シミや深いシワとなって表れ、皮膚の老化を早めてしまいます。そんな時に頼りになるのがビタミンC。皮膚の奥で吸収されるビタミンCには、美白効果だけではなく、肌の修復効果も期待できるのです。

肌のトラブル解決

 以前からビタミンCは美肌・美白の切り札として知られ、多くの化粧品や薬品に用いられてきました。今でも、あらゆる肌のトラブルを解決する栄養分として、注目を集めています。例えば夏場、うっかりと日焼けをしてしまった場合にもビタミンCは効果的です。アセロラジュースのようなビタミンCを豊富に含むものを1カ月程度飲み続けると、日焼けの跡が消えてキメ細かな肌が回復するなど、肌がダメージから回復することが分かっています。これはビタミンCによって、日焼けで皮膚に沈着したメラニンが分解され、肌の若返りも促進されたからなのです。ビタミンCには日焼け跡を消す美白効果だけではなく、肌のハリやキメを回復する効果も期待できるのです。


健康な肌にビタミンCを有効活用

 では、ビタミンCの肌回復効果は、どのような仕組みで起こっているのでしょうか? 人間の皮膚は大きく表皮と真皮に分けることができますが、このうち、皮膚の本体ともいうべき部分は内側にある真皮の部分。ここには、肌のハリを保つコラーゲンが豊富に蓄積されていて、真皮層に吸収されたビタミンCにはこのコラーゲンを増やす効果があるのです。
 真皮に対するビタミンCの効用は、火傷によって損傷した皮膚の治療にも用いられるほど認められたもの。ビタミンCによってコラーゲンが増えれば、肌に弾力やハリが生まれて、シワやキメ細かさが改善されるというわけです。
 もう一つ、以前から知られているのがビタミンCの美白効果。これは、皮膚に沈着したメラニン色素をビタミンCが分解することによるものです。ビタミンCによって、黒色のメラニン色素が淡い色に置き換えられるので、日焼けやシミが解消されるのです。
 紫外線対策には、日焼け止めを活用することが大切ですが、もしうっかり日焼けしてしまった際には、ビタミンCを有効活用して、健康的な肌を維持しましょう。






【http://www.ki-ra-ra.jp/kojin/krd3-a2.php】

肥満に注意

30~60歳代の男性の、およそ3割が肥満しているといわれている現代の日本。「肥満している人は、生活習慣病のリスクが上がる」というのはよく知られた事実ですが、肥満にも特に危険なタイプがあるのはご存知ですか? 自分の肥満のタイプを知って、健康づくりに役立てましょう。

病気のリスクを上げるのは「内臓型肥満」

 肥満かどうかを判定するには、体脂肪計で体脂肪率を測定するのが最も手っ取り早い方法です。最近は体脂肪計が普及しているため、自分の体脂肪率を把握している方も多いのではないでしょうか。現在は、成人男子では体脂肪率25%以上、成人女性では30%以上が肥満とされています。
 肥満になると、様々な病気のリスクが上がることが知られています。肥満の人はそうでない人に比べて、糖尿病は5倍、高血圧症は3倍、胆石症や痛風、心臓病なども2倍以上の発病率になります。女性の場合は、子宮がんや乳がんとの関係も指摘されています。
 これらの病気は、特に「内臓型肥満」と呼ばれる肥満タイプでリスクが増大します。内臓型肥満とは内臓の周りに脂肪がつくタイプで、リンゴのようにおなかがポッコリ出ることから、俗に「リンゴ型肥満」ともいわれます。
 内臓型肥満に対して、比較的、病気に直結しないといわれるのが「皮下脂肪型肥満」です。腰周りやお尻、太ももなどに脂肪がつきやすいのが特徴で、別名「洋ナシ型肥満」と呼ばれます。


やせやすいというメリットも

 自分が「リンゴ」か「洋ナシ」かを知るには、鏡を見て体型を確かめるほか、簡単な計算でもおおよその判定ができます。ウエスト(cm)をヒップ(cm)で割った値が、男性で1.0以上、女性で0.8以上の場合は、リンゴ型肥満の可能性が大いにあります。もっと正確に判定するには、肥満外来などでCTスキャンによる腹部断層撮影をする方法もあります。
 もし自分が「リンゴ」だと判明しても、そんなに悲観しないでくださいね。じつは、皮下脂肪型肥満より、内臓型肥満のほうが体脂肪を減らしやすい(内臓脂肪は食事療法や運動療法によく反応する)といわれているのです。生活習慣病のリスクを下げるため、毎日の生活を見直してみましょう。




【http://www.ki-ra-ra.jp/kojin/krd1-b3.php】

風邪に負けない体作り

なぜか風邪をひきにくい人と、ひきやすい人がいると思いませんか? 風邪のひきにくさは遺伝も関係していますが、ちょっとした生活習慣や食生活の心がけでも風邪に負けない体をつくることができます。

やっぱりうがいと手洗いが効果的

 風邪やインフルエンザのウイルスは、「空気感染」ではなく「飛沫感染」で移ります。風邪をひいている人のくしゃみやせき、唾液などに含まれたウイルスが手などに付着し、口の中に入ってしまうことで感染するのです。
 「うがい」と「手洗い」はベーシックな方法ですが、まずはこの2つを徹底的に実行することが風邪を遠ざける方法なのです。外出したらうがいと手洗いを徹底しましょう。
 十分な睡眠をとることも重要です。夜は体の中で、免疫を高めるリンパ球が増えるとき。免疫・抵抗力を損なわない為に体を休めることが大切です。
 風邪をひいている人に直接接触する以外にも、例えば電気のスイッチやドアノブ、お金、電車のつり革などを介しても、ウイルスが手などに付着する可能性があります。また、家族で風邪をひいてしまった人がいたら、マスクをしてもらい、他の人に移らないようにしてもらいましょう。
 インフルエンザについては流行前に予防接種を受けることをお勧めします。


風邪をひいたかな?と思ったら、うなじの脇のツボを押して

 風邪に負けない免疫力をつけるためには、栄養をしっかり摂ることも大切です。ビタミン摂取は効果的です。ビタミンAは免疫機能を活発化し、ビタミンCはウイルスに荒らされた細胞の再生を助ける働きがありますので、積極的に摂りましょう。
 欧米では、「エキナセア」というハーブが「免疫力を高めて風邪などを予防する」として人気です。日本でもサプリメントとして販売されていますので、風邪をひきやすいと自認している方は試してみてはいかがでしょうか?
 また、ひきはじめの風邪にはツボを押したり温めたりすることも有効です。鼻がグズグズしはじめて、風邪かなと思ったら、うなじの脇の「風池」と肩甲骨の内側の「風門」を指先などで強く押してみましょう。ここは風邪を散じるツボです。風邪のひきはじめの段階で散じることができれば、症状は軽くすむことが多いのです。
 風邪とインフルエンザの流行はこれからがピーク。風邪をひかないように予防に努めましょう。


【きらら保険サービス株式会社】

張り紙禁止という張り紙がしてある電柱

小ネタ

張り紙禁止という張り紙がしてある電柱


太もものサイズが寿命に関係、細ければ短命に

[ワシントン 3日 ロイター] デンマークの研究者らが3日、太ももの細い人は、そうでない人と比べて短命になる傾向があるとの調査研究の結果を発表した。

 英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルに掲載された同研究は、1987年と1988年に実施された大規模な医学的調査に参加した男性1436人と女性1380人を対象に、12年以上にわたって経過を追ったもの。

 太ももの外周が60センチ未満の人は男女とも12年以内に死亡した人が多く、46センチ未満のグループでは、亡くなる確率がさらに高かったという。

 これまでに発表された多くの研究では、体のどの部位に脂肪が付くかが健康に大きく影響するという結果が報告されており、ウエストの周囲と内臓脂肪の関係などが指摘されてきた。

 デンマークの研究者らは、太もものサイズも同様に健康のバロメーターになる可能性があると期待している。一方、オーストラリアのイアン・スコット医師は、今回の統計は対象が極めて限られていると指摘。太ももサイズを健康の指標と認めるためには、さらに大規模な調査が必要だとしている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。