憧れの海外生活(ブログ)

管理人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰の痛みの軽減方法

寒い季節には、体のあちこちが痛くなったりダルくなったりしがちなものです。特に腰は女性・男性を問わず、多くの方が違和感をおぼえ、何かスッキリしない感じを抱く部分。だからこそ、日頃からのケアが大切です。部屋で簡単にできるストレッチなどで予防に努めましょう。

ストレッチで筋肉刺激

 腰痛の原因は人それぞれで一口にいえるものではありませんが、一般的に多いのが筋肉が固くなることによる血行不良です。日頃から座る時間が長く運動機会が少ない人は、腰の筋肉が固くなりがち。そうすると、その中を走る血管が圧迫され、腰の組織に栄養が行きわたらず、だるさや違和感となってあらわれるのです。そこで、ストレッチ運動で筋肉をほぐして血液の流れを改善し、腰のだるさをやわらげましょう。
 方法は簡単。床に仰向けに寝そべってヒザを曲げ、手のひらを床につけます。そのとき、タオルをたたんで膝の間に。次に、足を15センチほど宙に浮かせ、ゆっくりと「息を吐きながら」タオルを落とさないように、左右に10回ずつひねります。これだけでOK。腰の筋肉に存分に刺激を与えられます。大切なのは、毎日続けること。テレビを見ながらでも、ちょっとしたついでにチャレンジしてみてください。


ビタミンBや温シップも効果的

 ストレッチ運動と同時に、長期的にビタミンBを摂取することも腰痛解消には効果的です。ビタミンBは末梢神経を修復する作用がありますので、乳製品や豚肉、レバー等を積極的に食卓に乗せて、召し上がってみてください。
 痛みが長引く際には、薬局でシップ剤を買い求めることも良いでしょう。一般的に腰痛のような慢性的な痛みには、冷シップではなく温シップの方が効果があるといわれています。ただし市販されている温シップは刺激が強く、肌荒れしやすいので要注意。肌の弱い方は、シップ剤と肌の間にガーゼを挟むなどの工夫が必要です。また、冷シップの上から使い捨てカイロを当てても、温シップと同じ効果が得られますので、一度ためしてみてはいかがでしょうか。
 そして、強い痛みがあまり長引くようであれば、医師の診断を受けるようにしましょう。



【http://www.ki-ra-ra.jp/kojin/krd1-n4.php】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。