憧れの海外生活(ブログ)

管理人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半身浴の効果

寒い季節はお風呂にゆっくりつかることで、体の芯まで温まり、心と体が癒されます。そこでさらにリラックスするために、最近流行りの半身浴や足浴についてちょっと見てみましょう。

じんわりほぐれる半身浴

 まず、湯ぶねに腰を下ろした際に、みぞおちから指2本分くらい下に湯面がくるように少しぬる目のお湯をはってください。お湯の温度は38~40度程度がおすすめです。これより熱いと、浸かっているうちに血圧や心拍数が上がってしまうので長く入っていられません。半身浴のポイントは「ゆっくり浸かって、体の芯まで温まる」ことですから、少し「ぬるいかな?」ぐらいがちょうど良いのです。
 日頃、カラスの行水で済ませている方には、「長く入っていたってすることないよ」という方もいらっしゃるでしょう。でも、うっすらと汗が出てくるのを待つまでのこの時間は誰にもじゃまされないとっておきの自分だけの時間。湯ぶねにフタを置いて読書をしたり、ラジカセで好きな音楽を流してみれば、リラックス効果は抜群。半身浴の効果で血の巡りがスムーズになり、冷え性の改善などにも効果があると言われています。


アロマオイルでリフレッシュ

 半身浴よりも手軽にできるリラックス法に、足浴や手浴があります。洗面器に(冷めやすいので)少し熱めのお湯をはり、足や手をつけます。この時、お湯にアロマオイルを落としたり、ハーブを浮かべると、アロマテラピーの効果で気持ちが安定。ペパーミントのオイルを使えば、湯気を通して鼻づまり等の改善に効き目があるとも言われています。また、足や手の先は第二の心臓とも言われるツボの宝庫。ここを刺激することで、体全体のリフレッシュ効果も見込まれます。


【http://www.ki-ra-ra.jp/kojin/krd1-n5.php】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。