憧れの海外生活(ブログ)

管理人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳酸菌

人間の腸の中には、なんと100種類以上、約100兆個、重さにして約1キロもの細菌が生息しています。これら細菌が人体に及ぼす影響は、腸の中だけにとどまりません。お腹の健康は全身の健康につながるのです。あなたのお腹は健やかですか?

善玉菌VS悪玉菌の闘い

 私たちの腸内に住むおびただしい数の細菌たちは、体によい影響をもたらす善玉菌と、悪い影響をもたらす悪玉菌、どちらともいえない日和見菌の3つに大きく分けられます。
 善玉菌の代表格は乳酸菌やビフィズス菌などです。これら善玉菌は食物繊維やオリゴ糖などをエサにして増殖し、乳酸や酪酸などを分泌して腸内を酸性にします。腸内で善玉菌が増えると、悪玉菌が分泌する有害物質を中和したり、免疫力を高めたり、ビタミンB群を生産したり、便秘・下痢を予防したりと腸をはじめ全身の健康にプラスの作用があります。
 一方、悪玉菌の代表はウエルシュ菌や大腸菌など。これらの細菌が増えると腸内の腐敗が進み、有害物質が生産されます。初期症状としては「体がだるい」「疲れやすい」「カゼをひきやすい」などです。便秘や下痢にもなりやすくなり、さらに大腸がんなどのリスクも高まるといわれています。


乳酸菌を積極的に摂ろう

 善玉菌と悪玉菌は、限られた腸壁のスペースの中で、毎日激しい勢力争いを繰り広げています。善玉菌はアルカリ性の環境に弱く、酸性の環境が大好きなので、仲間が増えて酸が分泌されるとますます増殖が活発になります。反対に悪玉菌はアルカリ性の環境を好み、酸性の環境を嫌います。つまり腸内に善玉菌が増えれば、自然と悪玉菌が減って腸の健康が保たれるわけです。
 では善玉菌を増やすポイントをご紹介しましょう。

乳酸菌を食べる。
ヨーグルトや乳酸菌飲料などに含まれている乳酸菌やビフィズス菌は、腸に住み着くことはできないといわれています。しかし腸を通過するときに酸を分泌するので、腸にもともと住む善玉菌を助けることになるのです。

食物繊維を十分に摂る。
食物繊維やオリゴ糖は善玉菌のエサになりますから、たっぷり摂りましょう。反対にたんぱく質は悪玉菌のエサになりますので、肉などの食べすぎには注意しましょう。

【http://www.ki-ra-ra.jp/kojin/krd3-b5.php】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。