憧れの海外生活(ブログ)

管理人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粒子加速器の実験中止求めた女性が敗訴

ドイツ西部カールスルーエ(Karlsruhe)の連邦憲法裁判所は9日、世界最大の粒子加速器「大型ハドロン衝突型加速器(Large Hadron Collider、LHC)」の実験によって地球がブラックホールに吸い込まれる恐れがあるとして、実験の中止を求めていた女性の訴えを退ける決定を下した。

 憲法裁は「欧州合同原子核研究機構(European Organisation for Nuclear Research、CERN)が行っている実験は危険ではないというのが圧倒的大多数の科学者の意見だ」とした。

 女性はドイツ国外に住んでいるが、ケルン(Cologne)の裁判所にCERNに参加しているドイツ政府に対してLHCプロジェクトの差し止め命令を出すよう求める裁判を起こして敗訴し、上訴していた。

 LHCについてはこのほかにも、地球がブラックホールに吸い込まれたり、ストレンジレット(strangelet)と呼ばれる仮想の物質によって地球がめちゃくちゃになったりするなどとして実験の中止を求める動きがある。(c)AFP


【PR】
世界のどこでも国際電話のかけ方ガイド
短期間で高校卒業資格を取得!通学の必要なし
日経新聞を英語で読む!日経ウィークリー 無料サンプル申し込みはコチラ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。