憧れの海外生活(ブログ)

管理人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工細菌の作製に成功、環境問題解消に大きな期待 米研究所

自己再生が可能な細菌を人工的に作製することに初めて成功したと、米国のJ・クレイグ・ベンター研究所(J.Craig Venter Institute)が米科学誌サイエンス(Science)電子版に発表した。

 研究チームは細菌「マイコプラズマ・ミコイデス(Mycoplasma mycoides)」のゲノムを人工的に合成した。

 研究チームは、この方法を、生命の基本的な仕組みの解明や、環境・エネルギー問題の解消に役立てられると考えている。具体的には、バイオ燃料の収量アップを可能にする細菌、温室効果ガスの一種である二酸化炭素を除去してくれる藻、新たなクリーンエネルギーの開発などが期待される。

 さらに、ワクチンの効率的な製造や新たな食品成分・化学物質の開発にも応用できるのではないかと、研究チームは見ている。(c)AFP/Jean-Louis Santini
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。