憧れの海外生活(ブログ)

管理人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取材中の邦人記者2人に暴行=新疆テロ事件で武装警察

【カシュガル(中国新疆ウイグル自治区)5日時事】中国新疆ウイグル自治区カシュガル市で発生した武装警察襲撃事件を現地で取材していた日本人の記者1人とカメラマン1人が4日夜、武装警察に身柄を拘束され、暴行を受けた。8日からの北京五輪を控え、日本をはじめ国際社会の批判が集まりそうだ。同市幹部は5日未明、2人に対して武装警察幹部が謝罪することを約束した。


 2人は、東京新聞カメラマンと民放テレビ記者。香港の記者2人も拘束された。2人に目立ったけがはない。
 警官16人が死亡した事件を取材するため、4日夜に多数の日本人記者らが現地に集結。関係者によると、武装警察施設付近で取材していた2人は突然、多数の武装警察官に持ち上げられたり、羽交い締めにされたりして施設敷地内に連行された。

 その後、頭を地面に押し付けられて顔などを殴られ、カメラの一部を壊された。拘束は約2時間続き、その間、安否を心配した同僚が携帯電話にかけてきた電話に出ることも許されなかった。 



国際力を身につける。留学で国際人になろう!
留学情報ナビ
スポンサーサイト

コメント

■ウイグル国境警備隊施設襲撃 五輪妨害テロか-とうとう起こった過激テロ!!

こんにちは。私もこの内容ブログに掲載しました。中国中央政府、弾圧ばかりするので、このようなテロも誘発してしまうのだと思います。そろそろ、懐柔策を考えるべきだと思います。それだけではなく、民主化、政治と経済の分離、法治国家化のこの三点セットをいますぐには、完全導入できないまでも、10年後の完全導入を目指して、今から手を打つなどのことをするべきです。そうでなければ、私が予測するように北京オリンピック閉会後10年以内に中国は分裂すると思います。ここでは、詳しくコメントすることはできません。詳細は是非私のブログをご覧になってください。
邦人記者に乱暴狼藉ですか?ここにきて、いよいよ中共の本性が垣間見えてきたような気がします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tom007.blog5.fc2.com/tb.php/356-f75ee945
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。