憧れの海外生活(ブログ)

管理人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「出口はどっち?」、堂々尋ねて脱獄成功した男!!

【10月2日 AFP】脱獄の手段としてよく聞くのはシーツでロープを作ったり、壁に穴を開けたりするやり方だが、アメリカニューヨーク(New York )州の刑務所の服役囚がこのほど、はるかに簡単な方法で脱獄に成功した――「出口はどっち?」と尋ねたのだ。複数のアメリカメディアが1日伝えた。

 ロナルド・タックマン(Ronald Tackman)受刑者(56)は、別件の連続強盗罪で出廷するため、9月30日に刑務所からニューヨーク市内の刑事裁判所に移送された。

 ところが、スーツにネクタイ姿のタックマン受刑者を見かけた裁判所員が、弁護士と勘違い。「先生、こんなところでどうなさったのですか?」と聞いた。

 タックマン受刑者は、まったく動揺することなく「出口はどちらかね」とこの所員に尋ね、ロビーに出る道順を教えてもらうと、裁判所の玄関から堂々と歩いて出て行ったという。

 その後タックマン受刑者はマンハッタン(Manhattan)に暮らす母親(81)の元を訪れ、服を着替えるとすぐに立ち去り、消息を絶った。「帰ってきた息子はずいぶんと着飾っていた。てっきり釈放されたのかと思っていました」と母親は地元NY1テレビに語った。

■実は「変装の名人」

 実はタックマン受刑者は「変装の名人」として知られ、過去に帽子やサングラス、おもちゃの付け鼻、ニセ拳銃などを活用していた。強盗罪で服役するため刑務所に移送されていた1985年には、石けんで作った偽の拳銃を使って看守を人質にとり逃亡しようとした。また、拳銃の形をしたライターで強盗を働いたこともあった。

 タックマン受刑者の弁護士は、「彼は危険人物ではない。強盗罪で終身刑となる可能性もあったため、パニックに陥って逃亡したのだろう」と話している。

 ちなみに、タックマン受刑者が逃亡に成功した翌日の10月1日は、同受刑者の56歳の誕生日だった。(c)AFP
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tom007.blog5.fc2.com/tb.php/386-e985552a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。