憧れの海外生活(ブログ)

管理人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英水道最大手、市民の「うんちパワー」でコスト削減に成功

英水道最大手テムズ・ウォーター(Thames Water company)は7日、顧客の排せつ物を燃やすことによりコスト削減に成功したと発表した。

 テムズ・ウォーターは、下水道の排せつ物から再生可能エネルギーを生み出す「うんちパワー」で、前年1500万ポンド(約22億円)の削減を達成した。

 同社はロンドン(London)とテムズ川(River Thames)流域の1360万人の汚水を処理している。2008-09年は、汚物や汚物由来のメタンの燃焼により、1年間に必要なエネルギー量の14%をまかなうことに成功したという。

 エネルギーを取り出す方法には、乾燥した「固形大便」を燃やす「熱破壊」と、下水の汚泥から出るメタンを燃やす「嫌気性消化」処理が用いられた。

 テムズ・ウォーターの気候変動対策マネージャーのキース・コルクホーン(Keith Colquhoun)氏は、気候変動対策について、皆で取り組まなければならない問題だと述べ、デンマークのコペンハーゲン(Copenhagen)で開催中の国連気候変動会議に出席中の代表団に対し、熱気あふれる議論だけにとどまらずに成果を上げるよう注文をつけた。

「皆で行動を起こさないといけないんだ。そして、われわれの場合、それはうんちパワーも含まれるということだ」(キース・コルクホーン氏)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tom007.blog5.fc2.com/tb.php/437-7b8be9be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。