憧れの海外生活(ブログ)

管理人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケルジャクソン遺言、「遺産は母親と子ども3人に分割」

米紙ウォールストリート・ジャーナル(Wall Street Journal、WSJ)は30日、25日に急死した米人気歌手マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)さんが、マイケルさんの母親と子ども3人、そして慈善団体などに遺産を分割相続させるとする遺言を2002年に作成していたと伝えた。父親のジョセフ・ジャクソン(Joseph Jackson)さんに対する遺産分割はないという。最後に作成された遺言書とみられている。

 WSJによると、マイケルさんの弁護士は、ロサンゼルス郡上級裁判所(Los Angeles Superior Court)に7月2日にも遺言書を提出することができるという。また、遺言執行人には、弁護士のジョン・ブランカ(John Branca)氏と音楽関係者でマイケルさんの友人のジョン・マクレーン(John Mclain)氏が指名されているという。

 1980年から2006年にかけてマイケルさんの弁護士を務めていたブランカ弁護士が、2002年に遺言書を作成したという。ブランカ氏は、マイケルさんの急死の1週間前に、マイケルさんと再び契約を結んでいた。

 マイケルさんの両親の弁護士は、WSJに対しメールで、両親は遺言書を見たことがないと述べた。

 父親のジョセフ・ジャクソンさんとマイケルさんは度々衝突する関係だったと報じられているが、ジョセフさんは相続人に含まれていないとみられる。

 2002年の遺言書が、3人の子どもの親権にどのような影響を与えるのかははっきりしていない。ロサンゼルス裁判所は30日、7月の審問までの期間、マイケルさんの母親に一時的に子どもたちの親権を与えている。(c)AFP
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tom007.blog5.fc2.com/tb.php/555-311baad0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。